ページ

2014/03/28

works#25 デザインムービー

ここ最近、アップさせて頂いている岡山県発達障害当事者会「わ」の会さんのロゴやフライヤーデザイン。


この度、貴会の紹介を含むデザインムービーを作成しました。


前半は昨年、ロゴの制作を請け負ったときに、会の皆さんの前でプレゼンしたものを再編集し、アニメーション化しています。


そして後半は、貴会の紹介を兼ねて、地元 山陽新聞さんで3ヶ月に渡り連載された記事を元に作成しました。


彼らの放つ澄んだ言葉、いや言霊。


水に投げた小石のように心に円を描き、やわらかく響きます。


「言葉は放った瞬間から相手のものになる」


本当そんな気がしてなりませんね。


是非一度、ご覧下さい。







そして、この動画を見て下さった方のご感想から、貴会のオープン会にて視聴会を開いて頂けることとなりました。


第二回目となるオープン会(2014.3.23)には、60名を超える発達障害当事者さん、ご家族、支援者さん、支援機関さんが一同に介し、会場に溢れんばかりの人の「わ」が散見していました。


「デザインで福祉と福祉を、人と人をつなぐことができたら、私を育ててくれた福祉に恩返しができたら…」


そんな想いでコソコソと始めたこのデザインプロジェクト、今回の視聴会は生で観て頂けるライブのようであり、反応を間近に感じられる貴重な時間となりました。


あらためまして「わ」の会さんには心よりお礼申し上げます。


本当にありがとうございました。


これからも貴会の分け隔てない「わ」がこの地域に広がっていくことを応援しています。


またムービー作成にあたり、ご理解、ご協力頂きました山陽新聞社さんにも心よりお礼申し上げます。


3ヶ月に渡る連載、担当記者のNさん、読者の心に届く、素敵な記事をありがとうございました。



岡山県発達障害当事者会「わ」の会さま
http://aspdd.blog.fc2.com

山陽新聞社さま
http://www.sanyo.oni.co.jp




.keiko Sociálabo ©
organized by dot keiko.



2014/03/15

works#24 わとわを、かさねわうように、わたしたちは

前回も書かせて頂きました岡山県発達障害当事者会「わ」の会さん。


これまでクローズドで行われてきた貴会ですが、今春よりオープン会を開催する運びとなりました。


そして、記念すべき第一回目は2014.2.19。


会員以外の方を合わせて30人前後の方が集会し、椅子を寄せ合い、語り合い、新たな「わ」が生まれたそうです。


オープン会を開催するに当たり、幾度もミーティングを重ねたと伺っています。


地域の当事者の方々の「声なき声」を拾い上げ、その「わ」を広げていこうとされるご姿勢。


これは一つのソーシャルワーク、ソーシャルアクションではないか、そんな気がしてなりません。


ちなみに、第二回目は3.23(日)に開催予定。


定員を遥かに上回る50名の方の申し込みを頂いているとか。


そして当事者さんに限らず、支援者さん、ご家族、どなたでも参加して頂けるそうです。


まさに地域の「わ」ですね。


山陽新聞さんでの彼らの連載特集も相まって、貴会への期待は大きなものとなっている証です。



前置きが長くなりましたが、今回はそんな「わ」の会さんのオープン会も含めた新しいフライヤーを作成させて頂きました。


< New Flier >

Tittle「わとわを、かさねわうように、わたしたちは」

sheet 1



sheet 2



sheet 3

今回、留意した点はスタンダードに末長く使って頂けるものにすることです。


まず「障害」「生きづらさ」「福祉」とかを前面に出したフライヤーにするのではなく、マチナカにポンっとあっても違和感ないような。


そして「この『わ』に入ってみたいな」「自分も連絡してみようかな」と誰かの背中を押して差し上げれるようなデザインに。


また「わ」の会さんの特徴を文言で羅列しなくとも、やわらかく伝わるよう、ユニークも交えて。


そんな幾つかの想いを込めてデザインさせて頂いてます。


貴会を通じ、地域の「わ」が広がっていくことを切に願っております。


ご依頼ありがとうございました。



<提供先>

岡山県発達障害当事者会「わ」の会さま
http://aspdd.blog.fc2.com



.keiko Sociálabo
organized by dot keiko

2014/02/22

山陽新聞へのご掲載、お礼申し上げます。

昨年より繋がりを持たせて頂いています岡山県発達障害当事者会「わの会」さん。

#18でも取り上げましたが、貴会へロゴマーク、フライヤーデザインを昨年末にご提供させて頂きました。


フライヤー


実は今年に入ってから貴会の様子が地元、山陽新聞さんで連載記事となり、3ヶ月のシリーズで始まっております。

貴会が生起するまでの流れから、メンバーさん個々のライフストーリー、また地域の福祉、医療などのネットワークなどなど、半年に渡って記者の方が貴会と触れ合い、取材されたものです。

その中で、ご提供したロゴマーク画像と、実際に貴会へお邪魔してデザインのプレゼンをさせて頂いた様子を記事と写真でご掲載頂きました。

このような機会を頂きまして、わの会さん、山陽新聞さんには心からお礼申し上げます。

ありがとうございました。

(本来ならその記事のスクラップをアップするところなのでしょうが、表にでるのは恥ずかしい人間ですので、お礼の文面に代えさせて頂きます、すみません)



他、昨年度末、わの会さんを通じ、大阪のNPO 発達障害をもつ大人の会(DDAC)さんが全国各地で取り組まれている『発達障害ピアサポートグループ支援事業』(独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業)にて【地域の現状とネットワーク作り】と題した講義とワークショップをさせて頂く機会も頂戴しました。


【地域の現状とネットワーク作り】
スライドの1コマ


当日は①ネットワークの作り方〜繋がる種を育てる、②ワールドカフェで繋がるを体験、③地域の団体やネットワークの紹介と3部形式でお話させて頂きました。

至らない内容であったかと思いますが、新たな繋がりも生まれ、大変ありがたい時間となりました。

遅くなりましたが、重ねてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

これからも多様な視座・視点で「開かれた福祉」に寄与できるように、頑張りたいと思います。


<本文関連サイト>

岡山県発達障害当事者会 わの会さま
http://aspdd.blog.fc2.com

NPO 発達障害をもつ大人の会(DDAC)さま
http://www.adhd-west.net

ピアサポJAPAN
http://piasapo-japan.com



.keiko Sociálabo ©
organized by dot keiko.

2014/02/16

works#23「言葉と音の新呼吸」はじめました。

これまで作品などはこのWebに。

日々の瞬間をTwitterに。 

記録として残して来ました。

ですが、何か物足りなさ、 

地に着かない感覚を感じて来ました。 


そのサイクルを呼吸に例えると…

Webほどの深い呼吸ではなく。

Twitterほど浅いそれでもなく。 

リラックスした呼吸をしたい。


ほどよく言葉を「代謝」できる場所。

そんな感覚ではじめてみようと思います。

さらり さらりと、

どうぞよろしくお願いします。



「言葉と音の新呼吸」
http://dotkeiko.tumblr.com






















.keiko SociáLabo ©
organized by dot keiko.

2014/02/10

works#22 知ることから、はじまることがある

昨今、向精神薬の作用・副作用を含めた問題は海外をはじめとして日本でも問題を取り上げられつつあります。

「何が正しく、何がそうでない」ということは言い切れませんが、「問いを立て、考える、それを人々で共有し、アクションへ」という姿勢はワーカーとしても大切であると考えています。

また色んな議論があっていいと考えますし、その方がごく自然。

決して二項対立ではなく、多様な議論を。

そして、いくつになっても「揺すられる自分」で在れること。

その多様性こそが今の医療・福祉に「豊かさ」「健やかさ」を育むことに繋がると私は信じている人間です。

そこで今回はデザインも含めた企画プランニング・マネジメントで主催者さんをサポートさせて頂きました。


<精神医療問題勉強会>

フライヤーデザイン
「知ることから、はじまることがある」

flier design

今回のフライヤーデザインは、内容のシリアスさから言って、どう表現しようか主催者さんとかなり話し合いました。

表題からするととても重たい内容です。

でも一人でも多くの市民、ワーカー、当事者、ご家族の方にご参加頂きたい。

シンプルに、読み取りやすく、かつ心を揺するキャッチコピーとデザイン。

その結果、レイアウトに規律性を持たせながら、ホワイトベース(余白)を大切にし、情報やメッセージ性で押し切らないことに留意しました。

写真は実際に薬を撮影し、色味を反転させています。


薬の実写

画像加工はシアン、グレイ、ホワイトで敢えて単調に、シャープに整えました。

キャッチコピーは今回の研修会の目的でもある「まずはこういう声が医療ユーザー・当事者から上がっていることを、今一度『知る』ことからはじめよう」というものを昇華させたものです。


「知ることから、はじまることがある」

poster design

当日用ポスター

ポスター


お陰さまでキャンセル待ちを頂くほどの多数のお申し込みを頂きました。


第一部「市民のための精神医療の知識」
講師  中川 聡氏


第二部「問題提起 当事者と支援者の体験から」
講師  米田 耕氏

岡山、広島、島根、兵庫、神奈川、東京から50名余りのご参加。

精神医療ユーザー・当事者さん、ご家族、障害当事者会さま、自死遺族会さま、ソーシャルワーカー、福祉系支援者、心理カウンセラー、医師、看護師、福祉系大学教員、専門職養成系専門学校教員、議員、行政職、一般市民…など。

あらためて、まだ数少ないこの類いの研修会のニーズを感じる機会となりました。

本当、薬のチェックは命のチェックですね。

質疑応答でも多数のご意見を頂戴し、ありがとうございました。

企画サポート役としても心と頭を揺すられる貴重な時間となりました。

また機を見ながら、この類いの企画を含め、様々な福祉や研修などのプランニング、マネジメント、そしてデザインのサポートに取り組んでいきたいと思います。


「ふ」つうの
「く」らしに
「し」あわせを

「ふくし」は人々の多様な生活にしあわせを願うものだと私は信じています。





イメージはこのCM、すばらしい。是非。




福祉も、きっと1つじゃない。


<デザインご提供先>

精神医療被害連絡会
おやさんブログ「精神医療問題を考える」
http://seishiniryoumondai.blog.fc2.com/




.keiko Sosiálabo ©
organized by dot keiko


works#19-21 お名刺デザイン・アラカルト

Web更新が滞っておりましたが、気合いを入れ直して更新です!

と、その前に。

webに提供作品などをアップし始めてから10ヶ月余りですが、お陰さまでアクセス数が5,000を超えました。

これって期間的に多いのか?少ないのか?わかりませんが、覗いてみて下さったお一人、お一人に感謝申し上げます。

ありがとうございます!

で、

これまでフライヤー・チラシ・ロゴ・企画書などを主にアップして参りましたが、今回は「ザ・名刺特集」、名付けて「お名刺アラカルト」

ちょこチョコとご依頼を頂いては作成してきました「お名刺」のデザインを先方様のご許可の取れたもの、その範囲内でアップします。

人生色々、名刺も色々、島倉千代子、ちよこ、チョコ。

もうすぐバレンタイン♡

おもしろくない?

いえ、乗っけから失礼しました(汗)

では、気を取り直して。


<米田耕さま>

PSW仲間であり、大切な友人の一人でもある米田耕さんのお名刺デザインです。


米田耕さま お名刺デザイン

ポイントは2点です。

米田耕さん、「こうさん?」「たがやすさん?」っんん??!!

そうです、初めて彼と出会ったときに下の名前が正直、読めなかったんです。

えっ私だけ?すみません、米田さん。

クイズではありませんが、正解は「おさむ」さんとお読みします。お名刺をデザインするにあたり、この体験をもとにトンチしました。

どうしたら相手に米田さんのお名前を間違えずに覚えてもらえるか?

ただ単にフリガナを付けるだけではなく、ユニークな物語を込めるには?

そこで思いついたのが「おさむ=036」、フリガナを数字に置き換えてみました。

これは2つ目のポイントにもなるのですが、彼は非常に福祉や医療に対する眼差しが深い。

そして人生を清々しく前に転がしていく、切り開いていく力を持った尊敬する友人です。

そんな彼への尊敬を込め、「サイコロ」をデザインコンセプトにしてみました。

これはギャンブルという意味ではありません。

サイコロには0もマイナスもなく、振れば必ず、最低でも1つ前に進みます。

その清々しさたるや。すばらしい。

ネームロゴ

ロゴマーク

サイコロに合わせ、デザインもシンプルに、アクセントのレッドを貴重に仕上げさせて頂きました。

また背面は奥様のモモさんが描かれた似顔絵を取り込ませて頂いてます。

ん〜いいですね、なんとも愛あるお名刺となりました。

もう愛しかいらない。

米田耕さま、ご依頼ありがとうございました。

愛と友情の名刺 「036」さん


<竹久和世さま>

続きまして同じくワーカー仲間であり、先輩でもあります竹久和世さまのお名刺デザインです。

竹久和世さま お名刺デザイン

竹久さんはワーカー仲間でありますが、大学の先輩でもあります。

ご縁あり、お繋がりとならせて頂き、お名刺のデザイン発注まで頂きました。ありがとうございます。

竹久和世さん、という和風な漢字が溢れるお名前です。

和テイストでどこまでお名前を表現できるかトンチしました。

まずはネームロゴから作成。お名前の「竹」をデザインコンセプトに、真っすぐにお名前を貫いてみました。

そして「和世」というお名前に着目し、「世界を和び、静かに照らす月」をキーデザインにあしらいました。

ネームロゴ

そして、先の米田さんの手法と同じく「和世=84」と読み直し、ロゴマークにしています。

ここでもコンセプトである「竹」を、そしてキーである「月」を用いました。


ロゴマーク 「84」

 ネームとロゴを合わせると、竹久さんのお名前が竹の中から世界をを照らすようにデザインしています。


ロゴマーク&ロゴネーム「84」

そして名刺も縦型にデザイン。お勤めの法人さまのロゴも配色合わせて配置してます。


実際は3色(グレイ、レッド、ブラック)ご用意しました。


竹取物語のように和風なお名刺に仕上がりました。

これからも竹のように折れずしなやかに、そして真っすぐにワーカーとして邁進してやって下さい。

先輩こと竹久和世さま、ご依頼頂き、ありがとうございました。



<私の名刺>

次いでに私の名刺デザインも島倉ちョこっと載せておきます。

dot - keiko  の名刺デザイン


<その他>

昨年、ロゴマーク作成をさせて頂きました山陰の発達障害当事者会「スモステの会」さんですが、そのロゴマークを名刺にご利用下さっています。ありがとうございます。

スモステの会さま お名刺


という訳で今回はお名刺アラカルト。

人生色々、名刺も色々。

また適時、ご許可の頂ける範囲でお名刺特集をアップしたいと思います。

またデザインのご希望、ご相談ありましたら、ご連絡下さいませ。


.keiko Sosiálabo ©
organized by dot keiko 

2013/12/10

works#18 かさねわう

今回は岡山の発達障がい

ピアサポートグループさんの

ロゴマーク

ロゴタイプ

フライヤー(チラシ)の

ご依頼を受け作成しました。


岡山県発達障がい当事者会

「わの会」さんです。

地域の発達障がい当事者さんらが

集まり、定期的に話し合いや

サロン、イベント企画等を

ここ3年ほど取り組まれてます。

恐らく、この地域での

発達障がいに特化した

ピアサポートグループさんは

貴会だけです。

昨今の発達障がいムーブメントからも、

今後、益々貴会へのニーズは

高まるのではないでしょうか。

わの会 HP
http://aspdd.blog.fc2.com/


< works >

Tittle
works#18 かさねわう

logo mark - white ver.

logo mark - black ver.

logo mark & type - white ver.


logo mark & type - black ver.


flier design

< design summary >

わの会というシンプルな名前。

印象深い「わ」という言葉を

発達障がいのピアサポートグループ

に掛け合わせ、

どれだけデザインに落とし込めるか。

かつ、物語を紡げるかをトンチしました。


そこで、まず「わ」という文字を作成。




どことなく「わ」であり、

かつ、

羽ばたく鳥のようにあしらいました。

そしてそれを重ね合わせると…




わの会 wa no kai

の頭文字「W」に。

人の輪を重ねていけるように、

ここから飛躍していけるように、


願いと物語を込めました。

まさしく、

かさね わう です。


次いでロゴタイプは、

岡山らしさを表現するために

「の」を【桃】に。

「会」は人が云うと書くことから、

人が話し合う様をになぞらえ、

音符【∮】にしつらえました。

会に大切な調和をイメージ。




そしてフライヤー/チラシです。

同じコンセプトで

「わ」に着眼して作りました。

左側には、輪になって会する写真。

left side


右側には、「わ」の意味を

辞書っぽく作り、レイアウトしました。

①繋がる人の「輪」

②はずむ会「話」


③みんなの調「和」

④羽を広げ、休め、飛び立つ「羽」

パーツにはすべて最初に作った

「わ」を利用してます。


right side


そして、できあがり。




「わの会」さんの

ピアサポートグループとしての

役割と意義、願いをデザインで表現してます。

今後、益々のご活躍をお祈り申し上げます。

ご依頼、ありがとうございました。


(プレゼン用サマリー)

今回も物語を書き、サマリーをお届けしました。

summary 1

summary 2

summary 3

summary 4

summary 5


<提供先>

岡山県発達障がい当事者会
わの会さま
http://aspdd.blog.fc2.com/



<other story >

今回フライヤーに利用した写真。

実はコレ「わの会」さんのものではありません。

これは「わの会」さんもご交流のある

熊本県発達障がい当事者会

Little Bit さんから

ご提供頂きました。

きっかけは、夏にLittle Bitさんの

研修チラシをお受けしたこと。

その際、貴会のHPにあったものが

目に焼きついており、ご依頼した次第です。

ステキなお写真、ありがとうございました。

こうしてデザインの面からでも

人と人を

お繋ぎできたこと、

大変ありがたく思っております。

大切にしているデザインで

福祉を開くこと、

繋ぐこと、

少しずつ生まれてきてます。

至りませんが、これからも、

どうぞよろしくお願いします。



.keiko SociáLabo ©
organized by dot keiko

2013/11/27

works #17 鼓動、連動、感動 瀬戸際世界芸術祭!

去る国民の文化たる日の11/3日。

岡山県は岡山市のマチナカ、

街のド真ん中にある廃校、

旧内山下小学校跡地で開催された

【瀬戸際世界芸術祭】へ

瀬戸際ならぬ【際】(きわ)から

関わらせて頂きました。




【瀬戸際世界芸術祭】

詳しくは…
NPO ENNOVA OKAYAMA
http://ennova.jp/?p=870

をご覧下さい。


そして、

本企画の実行委員長は

我らが城主!森山幸治さん。

森山さんは、

イベンター、オーガナイザーであり、

選曲家、商人、

カフェ&ライブ・オーナー

そして、

障がいのある息子さんを育てられており、

福祉にも関心の高い、パパさんでもあります。

また近年は市議としてもマチヅクリ、

福祉、教育、芸術…と幅広く、

古今東西、奔走し、活躍されてます。



モリヤマコウジ氏 HPより
よっ!城主!

以前、このブログでも

works#4
Welcom to Recovery Cafe

http://dot-keiko-socialabo.blogspot.jp/2013/03/works-4-welcome-to-recovery-cafe.html

の記事後半で書かせて頂いた、

思ひ出深い「カフェ」の

オーナーさんです。

近年は親しくさせて頂いてますが、

お店ができた当初から

かれこれ10年、

眺めさせて頂いた方でもあります。

今、こうして、繋がりに、ご縁に、

感謝。


少し脱線しますが、

岡山という土地は、

関西、九州、山陰、四国と東西南北に

十字にクロスする場所です。

多様な文化が交流・交差する一方で、

「地」の文化が根付きにくいと

作家 五木寛之さんも

いつかの講演で言われていました。


また、お隣り広島県尾道市ご出身の

大林宣彦監督は、

文明とは新しいものを生み出すことに重きを置くが、

文化とは、いま、
ここにあるものを大切にすること。


3.11を経て、私たちは「文化」というものを個々が、

もう一度、見直す時代にさしかかっている、と。

心眼を感じる言葉ですね。


では、福祉に置き換えたとき、

福祉における『文化』とは…

一体何だろうか?

そもそも、昨今の福祉に

文化など存在してるだろうか?

 “いま、ここに

想いはあれこれと交錯します。


そこで、文化たる日に開催した

【瀬戸際世界芸術祭】

そして森山幸治さんに、

感謝の意を込め一筆、

寄稿させて頂きました。


< Writting Designd >

works #17
tittle
「感動は、連動する鼓動の中からこそ生まれる」


寄 稿

以下、全文 -



I have a Dream
マーティン・ルーサー・キング・Jr

“ I have a Dream ”(ー 私には夢がある)1963年8月28日、リンカーン記念館の階段上で人種平等と差別の終焉、そして自由を訴える演説をした、マーティン・ルーサー・キング・Jr氏の言葉だ。

氏は演説中、この言葉を何度も繰り返した。黒人を含む凡(あら)ゆる人種差別を否定するのではなく、“ I have a Dream ”(- 私には夢がある)と。

氏の演説を聞こうと全米中から集まった20万人を超える人々。彼らの中に芽生えたもの、それは何か諦め、冷えた心、その氷山の下に隠れた生への魂に揺らぎを覚えたからだろう。

言葉とは放った瞬間から相手のものとなる - “ I have a Dream ” その主語は氏を示すものではなく、いつしか(聴衆)自分の “ I ” にすり替わっていたのだ。

“ I have a Dream ”(ー 私には夢がある)この言葉を、演説を、その時の臨場をまさかこの時代に体現できるとは思ってもみなかった - そう【瀬戸際世界芸術祭】での知的障がい当事者による圧巻のステージである。

会場を一挙手一投足、固唾を飲むかのような空気に一変させた「くらっぷ」の演劇。

打ち付ける雨のように鼓動押し寄せ、どこか郷愁の音色を奏でる「otto&orabu」の演奏。

会場に集まった障がい当事者から福祉、教育、学生、子ども、商人、職人、公人、作家、起業家、創作家…数え切れない多種多様な人々が、彼らのステージングに解き放たれた。

立ち上がり踊り出す人、旋律と鼓動を口ずさむ人、鳴り止まない拍手に喝采、感化され走り回る子どもたち、そっと静かに頬を拭う人 ー

不揃いのまま、素(そ)のまま、この臨場を体現する様は、まさしく時代を超えたマーティン・ルーサー・キング・Jrの演場のようであり、彼らのパフォーマンスは 

“ I have a Dream ”(私には夢がる)

と繰り返し表現しているように聞こえてならなかった。

そして、ここは【瀬戸際】と呼ばれるマチナカの廃校体育館ではなく、今から50年前、20万人の人々が押し寄せたと言われるリンカーン記念館に立っているようだった。

決して整えしつらうことだけが最高のパフォーマンスではないことを教えてくれら彼らのステージ。

日常のマチナカではクロスし揃うことなど、そうはない来場した多様な人々。

そして、この企画を運営し連動し、多くの人々を包み込んでいった多種多様な実行委員、他スタッフ、関係者。

そのすべてから「感動とはひとところにあらず、連動する鼓動からこそ生まれるもの」と教えられた気がしている。

【瀬戸際世界芸術祭】次回はいつだろう。次回会期の「瀬戸内国際芸術祭」に合わせ数年後だろうか。

その日まで、私も夢を持ち、素のまま、走り続けていたい。
                                                                                           
dot keiko
from  .keiko SociáLabo ©


< Photo Archives >


劇団 くらっぷさん


しょうぶ学園
otto&orabu さん


「地」の作家作品

<オリジナルグッズ 販売>
「ももたん」瀬戸際バージョン
瀬戸際 T シャツ
 瀬戸際 トートバッグ


しょうぶ学園 -しょうぶSTYLE

クロストーク 座談会


旧内山下小学校跡
 日本の文化たるこの日、
 時代を超えた「リンカーン記念館」に

あらま、こんなところにも瀬戸際な風景が…



瀬戸際のフチ子さん。

鹿児島しょうぶ学園
otto&orabu関連動画

youtube動画①



youtube動画②




文化とはメインストリームではなく、

やはり、際にこそ潜んでいるのかも知れません。

たくさんの鼓動、連動、感動を

ありがとうございました。


.keiko SociáLabo ©
orgnized by  dot keiko